現在、アメリカを中心にカスチールソープが、 顔~身体まで使用できるオールインワン石鹸として 広く販売されています。

しかし、実際使用した多くの人々から 「洗顔後の肌のつっぱりが気になる。」、 「乾燥しやすくなった。」等の意見を聞き、 現状のカスチールに不満がある事に気づき、 オレゴンソープ社は、より人の肌に優しいPHや、 マイルドな使用感を達成する為、カスチール石鹸にプラスして アロエやシアバター等を加える事にしました。

これにより、オレゴンソープ社のソープを愛用するお客様は、 いつでもしっとりとした肌を手に入れる事が 出来るようになったのです。

ページの先頭へ
「植物が健全に成長できるように耕作された土壌で育った植物」を意味します。
TILTHは農法の概念で、その概念に共感してその農法で作られた産物です。 TILTHという言葉はイギリスの古い言葉で、「精神や魂を養う」という意味を持ち、 その概念に共感して育まれた産物に対して与えられる認証です。
OREGON TILTHはオーガニック食品とその農業を支持して1974年に誕生した アメリカの非営利な民間による会員組織です。
米農務省が定めるオーガニックプログラム(NOP)公認の認可団体です。

オレゴン州セイラムに拠点を置き、オーガニック食糧生産者及びオーガニック食糧供給元の独立した証明を提供します。 Oregon Tilth Certified Organic(OTCO オレゴンティルス認証オーガニック)は1982年に確立され、 その基準はアメリカで最も厳しいとして有名です。
TILTHの活動はアメリカだけでなくブラジル、カナダ、フランス、 ドイツ、イタリア、オーストラリアにまで広がりを見せています。

ページの先頭へ
最低でも7年間、一切の化学肥料、駆除剤を使わずに、 自然から生まれた肥料だけを使って土壌改良し、 バクテリアが健全に増殖できる土作りをします。

輪作(続けて作付けすること)をせずに土中に存在する 最大6%の有機質を維持していくことにあります。
これは時間、コスト、我慢が要求されます。

わずかな有機質を保持し、維持していく事により、 生命力のある土ということが言えます。

ページの先頭へ
私オレゴンソープ・カンパニーは未来に向けてより美しい地球環境を保っていこうと尽力してきました。
未来の森林栽培の為にも私たちは“フレンド・オブ・ツリー”(植樹、保存、栽培、そして都会における樹木に関して 学習していくコミュニティ)に参加し、2007年以降現在までに18,000本の樹木を植樹しています。

企業は地球温暖化に対して真剣に取り組み、植樹を行い、環境に優しい生産工程を行う事で地球に貢献しています。

私たちは、労働者は全て“人間”として評価されるべきであり、我々のビジネスに関わる皆様の目標や目的を 尊重すべきだ、と考えています。

1989年以来、Friends of Treesはオレゴン・ポートランドの主要都市圏で340,000本の植樹を行う為、 1,000人以上のボランティアを動員しました。
ノーベル平和賞受賞者であるアル・ゴアは、植樹が地球温暖化を緩和する助けになると提唱しています。
加えて、ポートランド市の近年の研究によると、ポートランドの木は毎年2500万ポンドの大気汚染物質、 並びに河川汚濁の原因となる5億ガロンの雨水増水を還元しているという事が分かりました。

Friends of Treesと共に行う植樹は、オレゴンソープ・カンパニーが営業を行う上で、発生した二酸化炭素の排出及び、 生産の成長に伴うガスの増量や輸送に必要な原料を最小限に抑える活動を意味しています。
ソープ博士として知られるオレゴンソープ・カンパニーの創設者サット・アトマ・シンは “今日におけるカーボン・ニュートラル活動は不十分である”と提唱します。 早急に排出される炭素に否定的にならなければ、衰弱を進める自然環境の回復チャンスを見過ごしてしまう事になる、 自分たちが植樹によって行っている温室効果ガス吸収対処だけでは間に合わないのだと警鐘を鳴らしているのです。

オレゴンソープ・カンパニーは1994年以来、500,000を超えるバー・ソープ(石鹸)を生産してきました。
このソープはオーガニック認証を受けている商品であり、再生可能エネルギーを併用して生産されています。
ソープのパッケージには100%再生紙を利用しています。
Friends of Treesに貢献するのに加え、サット・アトマはアシスタント・クルーのリーダーであり、 今年その他4つの植樹ボランティアを様々なイベントへと誘導していきます。

彼の妻であるスリンダー、会社の従業員達もまた植樹に参加しています。
“私は長い間、非営利団体にて植樹を行う事や野生のエリアを復興させる事を夢見ていました。
私がFriends of Treesを見つけた時、もうすでに誰かが同じような活動を行っていたのだと感銘を受けたのです。
今後も彼らと活動を行っていく事が非常に楽しみです。”

Friends of Treesはポートランドとバンクーバー地域が一緒になって都会の樹木や都会の自然の中にある樹木を 助けていこうという管理団体に感銘を受け、活動を行っています。
この非営利団体は都会の道端や都内の自然界の中に植樹を行っています。

Friends of Treesは過去2年間で、約1ダースの木陰がアメリカの主要都市で不足した際、 ポートランド‐バンクーバー間の首都圏で木陰を増加させました。
多数のローカル並びに国家の賞を受賞しています。

1994年誕生のオレゴンティルス社は、 “日々生きる日常・人間をもっと評価しよう、そして未来につなげよう!” という考えをポリシーに生産を続ける、石鹸専門ブランドです。
オーガニックのココナッツオイル、サンフラワーオイル、 カスターオイルを中心に、もちろん使用する精油も オーガニックにこだわり、香りづけをしています。
生活必需品の石鹸だからこそ、使用する度に人々の生活を 元気づけるものであって欲しい。
それがオレゴンティルス社のアロマ処方に対する意気込みであり、 オリジナリティです。
もちろん、頻繁に使うものだからこそ保湿重視で商品を開発しています。



オレゴンティルス社の創設者であるサット・アトマ・シンは、地球の“植樹”に非常に尽力しています。
オレゴンソープ社が経営を行う上で、やむなく発生した二酸化炭素の排出及び、企業の成長に伴うガスの増量や 輸送に必要な原料を最小限に抑える活動が、微力であろうとも、この世界には非常に重要であると考えています。
現在、人間が暮らすこの地球では温暖化が早急に進んでいます。劣化していく自然を救う為に、“植樹”を行い、 早急な自然界での二酸化炭素吸収システムを増やす事が使命であると考えているのです。

ーMt. Hoodの氷河水ー
Mt.Hoodは現地日本人の間でオレゴン富士と呼ばれ、愛されている成層火山です。
山の80%が雪で覆われており、標高1600kmから山の袂まで雪解け水が流れ出てきます。
長い道のりを掛けて辿りついた氷河水は滑らかで、マイルドなカスチールソープを製造するのに適しています。

ページの先頭へ
商品一覧に戻る