自分もパートナーも、赤ちゃんも愛犬も。

心地よく使えて、しかも安全で安心なプロダクツをお届けするために、
“素性がきちんとわかる”オーガニック製品を探し求めました。

そこで私たちの出した結論——

それは、1つのメーカーだけでは難しいということ。
だから、世界から選りすぐりのオーガニックメーカーとのコラボレーションを実現しました。

made of Organics(メイド オブ オーガニクス)は、あなたの肌と心と意識を満足させる“セレクトブランド”なのです。
お気に入りの服が見つかるセレクトショップがあるように、あなたの肌と心が気に入るアイテムを見つけてください。

made of Organics(メイド オブ オーガニクス)は「安全性」と「使い心地」を第一に考えた
オーガニックのスペシャリティブランドです。

フードグレードの
厳しいオーガニック基準をクリア

数あるオーガニック認定機関の中でも、特に厳しい審査基準を設け、 食品と化粧品を同等に審査するオーガニック認定機関の認定を、 可能な限り取得しています。

ACO:オーストラリアのオーガニック認定機関。水と塩を除いた原料の95%以上がオーガニック認定済み農作物であることなどが認定基準とされている。
USDA:アメリカでは農務省(USDA)がオーガニック認定を実施。 水と塩を除いた原料の95%以上がオーガニック認定済み 農作物であることなどが求められる。

フードグレードの
厳しいオーガニック基準をクリア

数あるオーガニック認定機関の中でも、特に厳しい審査基準を設け、 食品と化粧品を同等に審査するオーガニック認定機関の認定を、 可能な限り取得しています。

日本のユーザーの嗜好に合わせて成分調整

成熟した日本のユーザーにとって、品質や効果に加え、 テクスチャーの良さも重要。 そのすべてを理想に近づけるため、 オーガニック成分と植物由来成分を絶妙なバランスで配合しています。

フードグレードの
厳しいオーガニック基準をクリア

製品を安心してお使いいただくために、 オーガニック成分の配合率をすべての製品ラベルに表記。 安全性を目に見える形で提示し、実感して手に取っていただけるように 配慮しています。

一般的に使用が懸念されている
成分を排除

いわゆる旧表示指定成分や石油由来成分、 環境ホルモンの疑いがある物質、発がん性の疑いがある物質、 合成界面活性剤、リン酸塩、漂白剤、石油由来成分、化学合成成分、 パラペンなどの合成保存料、 人工香料、人工着色料、 遺伝子組み換え植物成分、動物性成分など、 一般的に使用が懸念されている成分は 一切使用せず、 ケミカルなものや安全面において敏感なユーザーに 十分な配慮を行っています。 ただし、ACOやUSDAなどの各オーガニック認定機関の最新情報を常に収集し、 旧表示指定成分であってもそれらの機関が認定し、 かつ有用であると判断したものについては、 その使用を考慮しています。もちろん、動物実験は一切行っていません。

フードグレードの
厳しいオーガニック基準をクリア

「植物成分」は植物に含まれる成分がそのまま抽出されたものですが、 「植物由来成分」は 植物成分に対して化学合成を行って 作り出された成分であり、それらは別物と考えます。 しかし商品の特性上、 植物成分だけでは品質が不安定な場合があり、 やむを得ず「植物由来成分」を使用することがあります。 その場合は、フードグレードレベルのオーガニック認定機関の 審査基準を参考に検証し、 安全性が高いと確認できる成分のみを 厳選配合。そして、それらの成分名や用途を詳しく表記しています。
世界中には優れたオーガニック商品が数多くあります。
しかし、国や認定機関によって原料の安全性の基準が異なったり、 香りや使用感が日本のユーザーの肌や嗜好に合わなかったりすることもあります。

そこで私たちは、必要に応じて商品ごとに原料を選び直したり配合率を変更するなど、日本用にカスタマイズしています。
安全性を最優先に、使用感や香りなどにも妥協せず、常にユーザーの立場で最良の商品づくりを追求しています。
毎日素肌に触れる化粧品だから、100%オーガニック成分 (=100%ケミカルフリー)で作られていることが理想。
しかし、商品の特性や品質管理などの理由から、 全成分をオーガニック原料にすることは極めて難しいのが現状です。
そこで、できる限りオーガニック成分の配合率が高く、 かつ安全性に優れたオーガニック製品を 絶えず世界中に 探し求め、厳選しています。


セレクトの際には、各国の主要なオーガニック認定機関の 認証を 取得していることが前提ですが、認定機関ごとに基準が異なるため、 必ず全成分ひとつひとつをチェックしています。
製品を厳選するうえで、それぞれの製品のメーカーの企業理念や企業方針も大切であると考えています。 そこでメーカー各社と直接会い、原料選定から品質管理、環境への配慮に至るまで、 そのこだわりを確認したうえで、企業理念に共感できる誠実で先進性のあるメーカーとのみパートナーシップ契約を結んでいます。

毎日素肌に触れる化粧品だから、100%オーガニック成分 (=100%ケミカルフリー)で作られていることが理想。
しかし、商品の特性や品質管理などの理由から、 全成分をオーガニック原料にすることは極めて難しいのが現状です。
そこで、できる限りオーガニック成分の配合率が高く、 かつ安全性に優れたオーガニック製品を 絶えず世界中に 探し求め、厳選しています。


セレクトの際には、各国の主要なオーガニック認定機関の 認証を 取得していることが前提ですが、認定機関ごとに基準が異なるため、 必ず全成分ひとつひとつをチェックしています。

製品を厳選するうえで、それぞれの製品のメーカーの企業理念や企業方針も大切であると考えています。 そこでメーカー各社と直接会い、原料選定から品質管理、環境への配慮に至るまで、 そのこだわりを確認したうえで、企業理念に共感できる誠実で先進性のあるメーカーとのみパートナーシップ契約を結んでいます。
ページの先頭へ

始まりは、弊社代表取締役である高倉健が、それまで健康にまったく問題がなかったのにもかかわらず、 突然病に伏したこと。病院でいくつもの検査を受けるもその原因はわからず、一向に好転しない状況のなか、 東洋医学の良医に出会い、処方を受けるうちに少しずつ体調が改善。
そのとき健康の大切さを痛切に感じるとともに、日頃の食生活や身体に使用する日用品を見直すこととなり、 それをきっかけに「オーガニック」というものを次第に意識するようになったのです。


「オーガニック」を意識するようになると気づくのは、世の中に氾濫している「自然派」 「天然成分配合」 「オーガニック成分配合」といったさまざまな謳い文句です。
このような言葉が使われている製品も、 その内容成分を詳しく調べてみると、 実はケミカルな成分が多く含まれていたり、 オーガニック成分の配合量が著しく 少なかったりする“イメージ先行のオーガニック的製品”が少なくありません。
さらに「オーガニック認定」についても、世界にはさまざまな認定機関が存在し、 その認定基準もそれぞれ異なっているのです。

「オーガニック」に関心を持つ消費者は、何よりもまず「安全であること」「安心して使えること」を 求めているはずです。
「この商品にはオーガニック成分がどれくらい入っている?」 「安全性に懸念のある成分は入っていない?」 「見慣れない成分だけど、どんな成分?」 「認定マークが付いているけれど、何についての認定?」 ひとりの消費者として商品を探し求めているときに突き当たった、このような数々の疑問。

それらを解消してくれる「消費者にとってわかりやすいオーガニック商品」は、実は極めて少ないのです。
もともと世界各国から化粧品やアロマ商品などの輸入販売会社であることを生かし、 誰もが安心して使うことができ、しかも使い心地がよくてリーズナブルな製品を世界中に求め、 誰もがわかる形で提供していく

−−−−そんな思いからmade of Organicsは誕生したのです。

ページの先頭へ
商品一覧に戻る