インタビュー

飯野耀子

VOL.5 2010/04/28/
「食」でつくって「コスメ」で磨けばキレイは完璧


今回のインタビューイー
美容食スペシャリスト

飯野耀子さん

飯野 耀子  (いいの ようこ)
美容食スペシャリスト、フードアナリスト2級
全日本薬膳食医情報協会会員、NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員
成城大学文芸学部卒業。在学中にニューヨークに留学。帰国後、ボタニカルズ・ハーバル・ トレー二ング修了。
フリーの 翻訳家としてディストリビューター契約およびIT系Website、また学芸員資格を活かし美術翻訳を手がける。
2009年、ライブカレッジにてフードビジネスブラッシュアップ講座開発及びフードジャンル監修を務める。Hershe.jp「VoyageBEAUTE」連載、 Charedo「ビトケン」連載、「Presidential Suite」連載
著書:『夜トマトダイエット』(ぶんか社)他

Q.美容食スペシャリストというお仕事を始めたきっかけなど教えてください。

飯野耀子 6年前ほど前、プライベートでお料理を習っていた先生が山本海苔店の新規事業で商品開発チームに参加することになって、 ある朝、電話で「あなたもメンバーだから」って。私はそれまでIT業界でマーケティングの仕事をしていたので、 仕事の商材がITから食材に替わっただけ、という感覚でした。でも有名な企業のお仕事をしたことで、 世間が先に「この人、『食』の分野の人なのね」と私の方向性を決めてくれたように思います。 もともと「食の効能」にはとても興味があって、いつかそれが仕事になったら楽しいなあと思っていました。 その後、生活総合情報サイトAllAboutの食育ガイドに採用されたことで「食」分野での自分の立ち位置が決定的に。 同じころ、花王ソフィーナで女性のキレイを応援するウェブキャンペーンの仕事にも出会いました。 これはたまたま久しぶりに会った友人が花王の担当者で、「そう言えば、『食』の仕事をやってたよね?(そういう人を)探してたの!採用!」みたいな流れで・・・(笑)。 私、こんなふうにお仕事のきっかけはいつも人からいただくんですよね。 こうして「食の効能」と「美容」がつながり始めて、「美容食」を研究するようになりました。


Q.食べてキレイになるって女性の理想ですね。お肌にいい食材にはどんなものがありますか?

飯野耀子食材の中でも特に植物には「食」と「美容」の両方の効能を持っているものが多いですね。
調べれば調べるほど「食の効能」と「美容の効能」は見事に合致するので、勉強するのが楽しくて仕方ないの。
そんなことを続けていて、ある時ふと思ったんです。「自分がほしい美容効果を持つ植物を外からも内側からも摂れば完璧じゃない?」って。
「内から8割、外から2割」という言葉に出会ったのもこの時です。
外からの2割をより活かすためにも8割の「食」の部分をきちんと摂ることがいかに大切か。
これを「内外美容」と呼んでいますが、今の私の仕事における大きな柱になりました。
最近面白かったのは、取材で受けたコゴミの全身エステ!
山菜の中で特に抗酸化作用が高いとされるコゴミのエッセンスを抽出した美容液を使うんだけど、
その効果はやっぱり抗酸化作用。まさに「内外美容」ですよね。


Q.山菜でエステ、面白いですね!ご自身でも普段からコスメは植物由来など、ナチュラルなのものをお使いですか?

結果的にそうなっていることが多いですが、でも「これを使うべき」みたいに決めてはいないの。
いろいろ試してよかったら、継続して使っています。
結局、自分との相性ですよね。コスメで一番ナチュラルにこだわっているとすれば、クレンジング。
ここにはお金をかけても原料が上質なものを選ぶようにしています。私はオイルクレンジング派で、
ずっと市販のオイルを使っていたのですが、ある日ふっと石油系のケミカルな香りを感じたんです。
それまでも毎日使っていたはずなのに、その時はなぜかその香りがとても気になってしまって・・・。
長い間に少しずつケミカルな成分がカラダに蓄積されていたのかも、と思ったら怖くなって、
日々使うものは原料のよいものを選ぼうとその時に思いました。
これが、ナチュラルコスメを使うようになったきっかけです。
スキンケアのためのコスメは即効性よりも、長く使って徐々に改善していくもの。
そんなふうに考え方も変わってきました。



Q.ご自身のケアで特に気になること、日ごろ愛用しているアイテムなど教えてください。

飯野耀子最大のキーワードは「ヘアケア」。私は頭皮が特に敏感でとても荒れやすいんです。 刺激の少ない優しいシャンプーをあれこれ試した結果、よかったものを自分の状態に合わせて使い分けることでだいぶトラブルが改善されてきました。 髪の毛も、パーマとカラーリングで傷んでしまって、リンスとかコンディショナーというレベルでは補修が追いつかないの。 目下トリートメントでいいものを模索中で、よさそうだなと思ったら積極的に試しています。 最近のお気に入りはラヴェーラのローズミルク リペアトリートメント。これはローズ成分に惹かれて選びました。 髪になじませたらキャップをかぶってそのままお風呂に入って毎日ヘアパックをしています。 正直、初めて使った時は「あれ?」という感じでした。髪が重くなった感じ?これこそ長期戦のアイテムだなと思いましたね。 100%天然成分なのでシリコンを使っていない分、使い始めは少し指どおりが悪くなりました。 きしみを防ぐために乾く前にオイルを付けて、手ぐしで梳いたりしています。 でも使うほどに失ってしまったものがじわ~っと埋まっていくような感覚で、髪がしっかりしてきてだいぶ補修されているみたい。いい感じですね。



Q.トリートメントで、他にも使ってみたいなと思っているアイテムはありますか?

飯野耀子ええ、実は今、とても注目しているアイテムがあるの!アルバのラスール細粒パウダー。 モロッコの溶岩が原料の泥のパウダーで、水で溶いて使うんですよ。これはどのカテゴリーで検索しても出てきたのがまず面白いなと思いました。 「顔、ボディ・・・え~髪にも使えるの?やってみた~い!」って。さっそく顔とデコルテにパックしてみましたがいいですね! 流した直後にしっとりつるつるになって、その後、お肌がとても柔らかくなります。 時間がなくてまだ髪には試していませんが、期待大!ですね。 こういうクレイ系のものは通常は練った状態でチューブに入ったものが多いですが、これは自分でそのつど作れるのもフレッシュでいいな、と。 食品と同じで、作るところが自分で確認できるものはやっぱり安心感がありますよね。


商品名:ラヴェーラ トリートメント ローズミルク リペアトリートメント

\ 2,625 円(税込)(税込)
【成分表示】
水、エタノール、ラウリルグルコシド、セテアリルアルコール、ホホバ油、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、 アボカド油、レシチン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、マカデミアナッツ油、スクワラン、ダマスクバラ花水 、モモ果実エキス 、キトサン、加水分解ケラチン、パンテノール、キサンタンガム、水添レシチン、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、香料

商品名:アルバ ラスール インテンシブライン 細粒パウダー 500g

\ 3,465 円(税込)
【成分表示】
モロッコ溶岩クレイ

Back Number

  • Vol.18
  • Vol.17
  • Vol.18
  • Vol.17
  • Vol.13
  • Vol.13
  • Vol.12
  • Vol.11
  • Vol.09
  • Vol.09
  • Vol.08
  • Vol.07
  • Vol.06
  • Vol.05
  • Vol.04
  • Vol.03
  • Vol.02
  • Vol.01