ダッチーオリジナル (DUCHY ORIGINALS)は、自然環境保護やオーガニックの提唱者としても知られる プリンス・オブ・ウェールズ/英国王室のチャールズ皇太子によって 1992年に創設されたブランドです。

ダッチー オリジナルは、ナチュラルで高品質なオーガニックブランドの先駆者的存在として、 英国オーガニック市場のシンボルブランドとして存在しています。

その歴史は、24代目のコーンウォール公爵であるチャールズ皇太子が、 領地(ダッチー)の一部であるハイグローヴに移り住んだことに始まります。

皇太子は有機農業や食品生産、自然環境や生態系の保護を自らの手で実践するために、 長い年月をかけてハイグローヴの自家農場をすべて有機農場に変えていきました。

ブランドの売上利益の一部は、有機農場のサポートやオーガニックに 関する教育機関のスポンサーなど、オーガニックライフ啓蒙のための 積極的な活動や、チャリティ活動に利用されています。



プリンス・オブ・ウェールズ(Prince of Wales)は、次期国王として王位を継承するべきイングランド国王の 最年長の王子が与えられる第一王位継承者の称号です。
したがって、現在のプリンス・オブ・ウェールズは、エリザベス2世女王の長男であるチャールズ皇太子です。
有機食品の提唱者であるチャールズ皇太子は、1989年1月7日に、自分の領地では有機農業を行うと宣言し、 また自ら所有する家庭菜園でも有機農法を実践しています。
1992年に、皇太子所有のハイグローヴの別荘で栽培された農産物を使用した有機食品ブランド 「ダッチーオリジナル」が創立されたのです。

イギリスのオーガニック認証団体ソイルアソシエーションの厳しい基準と検査を合格して 認証を うけた商品にのみこの認証マークを表示することができます。
ダッチーオリジナル (DUCHY ORIGINALS) Beauty Careは英国ソイルアソシエーションの 認証マークを取得しています。


ページの先頭へ
“blessing” は「天の恵み・喜ぶべきこと・有り難いもの・恩恵・幸運」という意味を持ちます。天の恵み、 自然の恵みである植物成分にこだわって作られた、あらゆる恩恵に支えられた製品です。

特にヘアシャンプーは、英国の「Natural Hair & Beauty Magazine Awards」において、ベストシャンプー賞を2005年から 2009年の5年間連続受賞という、高い評価を受けています。

ページの先頭へ
ダッチーオリジナルのヘア&ボディケアシリーズは、 地球環境と人に優しく、地球に敬意を払う 「ブレッシングケア」という考え方に基づいた ビューティーラインです。
ページの先頭へ
ダニエル ギャルビンJnr (Daniel Galvin Jnr)は、 チャールズ皇太子夫人のコーンウォール公爵夫人(Her Royal Highness The Duchess of Cornwall)や、 マドンナ (Madonna)、ニコール・マリー・キッドマン(Nicole Mary Kidman)などの セレブリティを顧客に持ち、ロンドンに拠点を置いて活躍するヘアスタイリストです。

彼は美容師の一族(曽祖父、祖父、父、叔父、弟、妹)に育ち、 英国ではGalvinは整髪するという意味で通るほど、彼自身も著名なヘアスタイリストです。

ダニエルは、20歳代後半からオーガニックなライフスタイルに大変興味を持ち、 食品にとどまらず、美容の世界にもオーガニック成分を取り入れることの大切さを感じ、 オーガニックヘアケア&スタイリング製品の開発を試みたのです。 ダニエルは自身が使用する製品を吟味し、刺激が強いと考えられる化学成分は、 できる限り排除する努力をしました。

この考え方は、2000年に彼の息子の誕生を機に、ますます強いものとなり、ベビー及び子供用のオーガニック製品の開発も手がけました。 それまでの、化学成分を多く含むヘアケア製品は、子供たちにとって、食べ物にたとえるならばジャンクフードのようなものであると、 彼は考えます。 これらの実績から、2002年に、ダニエルはチャールズ皇太子に代わって、ダッチーブランドのビューティ製品をプロデュース及び 製品基準のコントロールをまかせられることとなり、最初のヘアケア&ボディケアラインは、2004年に発売されました。 ダニエルの努力と、ダッチーブランドの市場への浸透によって、多くの人々は、髪と体に使うものに対して、 食品と同等に注意を払うようになり、オーガニック製品の重要性と意義は消費者に啓蒙されるところとなりました。


この考え方は、2000年に彼の息子の誕生を機に、ますます強いものとなり、ベビー及び子供用のオーガニック製品の開発も手がけました。
それまでの、化学成分を多く含むヘアケア製品は、子供たちにとって、食べ物にたとえるならばジャンクフードのようなものであると、 彼は考えます。

これらの実績から、2002年に、ダニエルはチャールズ皇太子に代わって、ダッチーブランドのビューティ製品をプロデュース及び 製品基準のコントロールをまかせられることとなり、最初のヘアケア&ボディケアラインは、2004年に発売されました。

ダニエルの努力と、ダッチーブランドの市場への浸透によって、多くの人々は、髪と体に使うものに対して、 食品と同等に注意を払うようになり、オーガニック製品の重要性と意義は消費者に啓蒙されるところとなりました。

商品一覧に戻る