BADGERの歴史

バジャー社は、1993年、ハーブと自然を愛する大工である創始者
ビル・ホワイトが、自らの手荒れ対策用に作ったバーム(軟膏)
が会社設立のきっかけです。

ビル・ホワイトは、本業として大工と副業による植物採集者でした。
厳しいニューハンプシャーの毎日のきつい仕事によって彼は
、 ひび割れなどの手荒れに悩んでいました。
また、それを治すための既存の製品を見つけることができませんでした。

ビルは、自宅の台所で、Sweet BirchのExtra Virgin Olive Oil、Beeswax、
カースターOil Aloeヴェラ、およびEssential Oilを使用することで
オリジナルのHealing Balmのバームを手早く作りましたこれは伝統的な
ニューイングランドハーブ療法を元にしたものです。

結果は驚くほど良く効き、まさにこれがきっかけで、
会社が生まれ大きく成長しました。

Bill with Baby Emily, Circa 1979
Badger Team
ページの先頭へ

BADGER製品について

バジャー社オリジナル・オーガニックエクストラバージンオイルをメインに、天然ハーブと上質のエッシェンシャルオイルを
ブレンドし、とても丁寧に作られた(ヒーリング効果もある)ナチュラルレメディがメインです。


「植物は体を癒すがケミカルは混乱させる」、という考えにより、「バジャー社」のすべての製品は化学薬品を一切使わず ほとんどがオーガニックの原料を用いて製造されているため。贅沢なオーガニック・エクストラバージンオイルをベースにして、
オーガニックの植物エキスやハーブ、オーガニックのエッセンシャルオイルをブレンドしています。

現在では、モデルやセレブの愛用者も多く、アメリカで最も愛され、信頼されているブランドのひとつ、といえるでしょう。

ヴォーグバジャー社のすべての製品は化学薬品を一切使わず、天然またはオーガニックの原料のみを用いて製造されています。
もちろん、合成保存料、合成添加物、化学香料は使用していません!ケミカルフリー製品です。
赤ちゃんから妊娠中の方・お年寄りまで安心してお使いいただけます。

最近では雑誌ヴォーグや、ヤンキー、オーガニックスタイルなど大変メジャーな雑誌にもとりあげられるようにもなり、
商品をみられた方も多いかもしれません。アメリカの化粧品評価サイトにより、口コミでも広がりつつあります。

アナグマ(バジャー)をデザインしたパッケージや缶のかわいらしさも大きな魅力です。小規模でありながら、
アメリカをはじめ世界各国で熱烈なファンを増やしつつあるので、これからの発展がとても楽しみなブランドです。
日本では入手困難なバジャーの品々。ご家族の皆様でぜひおためしになってみてください。



ページの先頭へ

心から自然を愛する社風で
環境保全にも力をいれる

「バジャー社」は、環境保全にも力を入れており、できるかぎり
プラスチック用品は使わないという方針のもと、バーム容器はステンレス製です。
またディスプレイBOXも100%再生新聞紙を使用しています。

一度、「バジャー社」はサンプルセットを配布したこともありました。
でもプラスチック容器を大量に使わざるを得ないことが社内で「バジャーの目指すものではない」と問題となり、好評だったにもかかわらずサンプルセットを廃止。
そんなエピソードからは、見せかけではなく、心から自然を愛する社風がうかがえます。
愛らしいバジャーをシンボルマークにする「バジャー社」では、もちろん開発・製造にあたって、動物実験は行っておりません。

自然とつながり自然を愛する心が、「バジャー社」の製品のひとつひとつに、使う人をハッピーにしてしまう力を与えています。

ページの先頭へ
商品一覧に戻る